林医院 内科 内視鏡クリニック

診療時間 午前9:00~12:00 午後5:00~7:00 予約検査 午前9:00~12:00 午後0:00~4:00 お気軽にお問い合わせください 06-6391-3838

  • 内視鏡検査予約フォーム
  • 診療時間

よくある胃腸の病気急性腸炎、感冒性腸炎

  1. トップ>
  2. 診療案内>
  3. 急性腸炎、感冒性腸炎

急性腸炎、感冒性腸炎(お腹にくる風邪)

腸炎

「ちょっとお腹の調子が…」ということがありませんか?
胃や腸に炎症が引き起っていいる状態で、症状は、軟便~下痢、腹痛、嘔吐、発熱が見られます。

大きく2つに分類され、“非感染性腸炎”と“感染性腸炎”です。
原因には、“食べ過ぎ”・“飲みすぎ”、夏風邪でよく知られる“エアコンによる冷え過ぎ、寝冷え”、また“冷たい食べ物によるお腹の冷え過ぎ”等があります。

傷んだ状態や、不十分な調理・保存状態の食べ物の摂取による病原(細菌、ウイルス)の経口感染があります。(飲食店などで集団発生した場合の、「食中毒」はよく知られています。)

もう一つ、通称“お腹にくる風邪”として言われている感冒性腸炎です。風邪の場合、ほとんどがウイルス感染で、多くの場合気道感染による、鼻水(鼻腔)、のど痛(咽喉頭)、咳(気管支)を考えがちですが、経口、接触、飛沫感染によって、胃・腸に炎症を引き起こし、下痢、腹痛、嘔吐といった症状を引き起こすウイルス感染もありますので注意してください。(アデノウイルス、ノロウイルスがよく知られています。)

過敏性腸炎

便秘型、下痢型、交替型の三つのタイプに分かれ、便秘、下痢と腹痛が大きな症状です。おもに通勤時の混雑や、仕事などストレス、症状が続く場合は他の病気がないか検査確認が必要です。

虚血性腸炎

血流の低下が原因で急に腹痛、下血といった症状で起こります。高血圧、糖尿病などで動脈硬化や不整脈、弁膜症で心臓疾患を持っている方、便秘がちな方にみられます。

大阪市淀川区の苦しくない胃内視鏡検査・大腸内視鏡検査ならお気軽にお問い合わせください。

  • tel:0663913838
  • 内視鏡検査予約フォーム
  • 林院長のブログ
  • 林医院スタッフブログ

Copyright © Hayashi Iin & ddmap. All rights reserve.

PageTop